三年ぶりにカエルちゃんに嬉しい再会があった!!

雨を予感させる

キウイ果木のつる枝の上によく目を凝らすと、

三年ぶりにカエルちゃんに嬉しい再会があって、

とても贅沢な日でした!!  

山中湖は高地のせいか、春と秋が極端に短いように感じます。

弊社の山中湖事務所は富士山麓の日本大学セミナーハウスの近くで、

2分ぐらい車を走らせると山中湖畔に行くことができます。

今年6~7月に長雨が多かったんですが、

事務所の奧庭に小さな池があり、深さは60センチほどである。

数年前から溜まっていたらしき落ち葉が腐りかけ、水は薄茶色に濁っていた。

薄暗い池の周囲には、卵塊の花が数個あり、

なんと、このモリアオガエルと思われる卵が敷地内に産み付けられていました。

山中湖においてはモリアオガエルの話はあまり聞かないが、

それでも静かに耳を澄ましているとやがて、

優しいモリアオガエルの声がしている。

モリアオガエル(森青蛙、学名:Rhacophorus arboreus)は天然記念物なんです。

両生綱無尾目アオガエル科アオガエル属に分類され、

学名は「樹上棲の、ボロをまとったもの」という意味。

本来、池などの水辺にせり出した枝などに、

卵を産みつけおたまじゃくしに孵化すると、

そのまま水に落ちる仕組みになっています。

自然界でモリアオガエルの行動は不明であるが、

3年ぐらいすると生まれた場所で産卵をすることもあるので楽しみにするよう言われた。

ぜひ3年後、その姿を観られることを節に願うところである。

野良猫との出会い

猫は、心地よさの鑑定家だ

居心地の良い場所を瞬時に見抜く目利きなんです。

眠っている猫をどかして、

一度、そこに座って見たいですよね

なるほど…老いた猫にこそ、

猫の価値が凝縮されています

艶やかで滑らかな皮毛を持つ美しき存在し、

流れるような猫の背中のラインは、

優美な花瓶のごとく、

そうですね、最高に美しいものです。

知らず知らずの内に芸術の世界へ誘う、

じっとしていても流れるようだ。

かつて弊社の山中湖事務所に来たノネコ(野良猫)はいまどこで寝るか、

幸せなのかい?辛いのかい?

諦めた頃にふらり姿を現すのは、どんなものも待つ者の元にやってくる…

待てど暮らせど現れずのんかい?

自ら猫にならない限り、猫の考えを完璧に理解することはできない。

あぁ…僕にもそんな強さがあったなら、こんなに涙は零れないのか。

尾畠さんのニュースを追っかけて見ておりました。

昨日(8/15)、メディア(朝日新聞)の報道によると、

山口県周防大島町で3日間行方不明だった藤本理稀ちゃん(2)を発見した尾畠 春夫さん(78)は、大分県日出町から1人で捜索に加わっていた。尾畠 春夫さんは軽ワゴン車に食料や水、寝袋などの生活用具を積み込み、助ける相手側に迷惑をかけないのが信条です。

わざわざ大分から駆けつけて捜索に来るなんて、私はビックリして、本当に頭が下がります。

理稀ちゃんを家族に引き渡した15日、お礼の「風呂と食事」を断って帰られたとか・・・

「私はボランティアだから、そういうのはもらえません」、 「自己完結するのが真のボランティアだ」と言う。 活動費は自分の年金から捻出している。

TVインタビューで話されているのを見たけど、尾畠 春夫さんのご尽力や無償の愛を感じた。無償の愛だけど、誰より充実した生を過ごしているように思います。

ボランティアとは、そう有るべき姿である事を、身を持って実行する立派な方だと思った。尾畠 春夫さんは決して見返りを期待せず最前の働きをし、決して自慢せず謙遜で、優しい愛に満ちている、素朴で気どらない人。 人間として、私は尾畠春夫さんに非常に尊敬いたします!簡単にできることではない、本当に素敵な方だと思いました。

私も出来ることからすこしでも、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思わせてくれました。 尾畠春夫さんのようになりたくても、真似なんて到底できませんが、 これから行きていく中で、ずっと忘れずにいようと思いました。

International Tea Show 2018 in 東京ビッグサイト

2018.6.13~15 東京のビッグサイト会場にて国際TEA SHOWが開催されました。

会場に足を運んでいただいた方はきっと、試食、試飲でお腹一杯になってしまったのではないでしょうか^^

私たちアスマイルジャパンも3日間、ハイビスカス商品をたくさんのかたに知っていただきたく、

頑張ってまいりました!

イベント終了後には、たくさんのお問い合わせも頂きました。

スタッフ一同、より一層気を引き締めてまいりたいと思います。

弊社ブースにお立ち寄りいただき本当にありがとうございました!

 

魅力がいっぱいのローゼル。

こんにちわ^^いつもAsmile Japan Blogをお読みくださりありがとうございます。

さて、私たちAsmileスタッフは美味しいハイビスカスジャムを作ろうと

せっせと生ローゼルの種取作業をしています。

種を取っていると指先が赤く、ローゼル色に染まります。

洗ってしまうのが惜しいほどに美しい赤色です。

 

あらためて、

ローゼルの持つ美しい色は天然のものだと実感しました!

 

そして外した種ですが。捨てるのはもったいないですよね。

もちろん捨てたりしません。

少し調べたところ、ネットに入れてお風呂に入れるとお肌がつるつるになるそうで。

たしかに、ぬるぬるとしたぬめりがあるので、美肌効果が期待できるかも?!

敏感肌の方はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

そろそろジャムづくりに戻ります。

美味しいジャムになあ~れ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました🌺

2018台湾イベント 台日文化交流会 in河口湖

 

皆さまこんにちわ^^

新緑がまぶしい季節になりました

皆さまはどんなG・Wを過ごされましたか?

 

私たちアスマイルジャパンは先日、

自然豊かな山梨県の富士山のふもとにある河口湖の湖畔にて、

5月5日~6日に

台湾と日本の文化交流会イベントの

台日フェスティバルに出店してまいりました

 

弊社ブースには

🌺食べるハイビスカス🌺ハイビスカスシロップ🌺無添加ローゼルTEA

が並びました。

冷たくて甘酸っぱいハイビスカスジュースをたくさんの方に飲んでいただき、

「甘酸っぱくておいしぃ~!」と喜んでいただきました!

本当にありがとうございました^^

 

 

日差しが強く、とても暑い二日間でしたが 😳

歌あり、踊りあり、太鼓演奏あり、美味しいものあり

会場はとても賑やかで楽しい雰囲気に包まれていました

 

たくさんの優しい人と出会え、素敵な時間を共有できて

最高に楽しい二日間でした

弊社ONLINE SHOPが開店いたしました!

🌺下記よりご覧下さい 🌺

https://asmile-japan.shop-pro.jp/?pid=129789603

 

一年ぶりの更新です!

突然ですが皆さまに私達アスマイルジャパンの新商品を紹介いたします。

皆さま・・・こちら何かご存知でしょうか?

日本ではあまり知られてはおりませんが、こちらローゼルという植物なんです。

ちなみにローゼルは皆さまに親しまれているハイビスカスティーの原料としても使用されております。

 

私達は昨年より南信州菓子工房株式会社と共同で、台湾台東県産のローゼルを使用した様々な新商品の開発に取り組んでまいりました。

後日詳しいローゼル紹介コーナーを作成する予定ですが、本日は取り急ぎ新商品の紹介をさせていただきたいと思います。

トップページのスライドでは台湾台東県のローゼル畑、商品紹介コーナーではローゼル製品の簡単な紹介を行っております。

ご一読いただければ幸いです!

東日本震災から6年がたちましたが….

……黙祷……

6年前多くの犠牲となった人に、心から冥福をお祈りいたします。

1日も早い復興と被災した方達の心の傷が

少しでも癒えます様に願っています。

 

風化せずに伝え続ける日々が、我々は忘れてはいけないことです

震災で、人生変わった人達たくさんいるのかと、

自分も頑張らないとなって思います

東日本大震災に避難地の皆さんも頑張って下さいね。お願いします。

伊賀市に台東県產のお茶を楽し講座にご招待をいただき

伊賀市は台湾南東部に位置する「台東県」と志摩市との三者で、

20161月、自治体間 連携協定を結びました。

台東県と伊賀市が自治体間連携協定を結んでから1周年を記念して、

伊賀市多文化共生センターより226日「台湾・台東県のお茶を楽しむ講座」が無事終了しました。

以上資料は共生センターより

出張茶館 囍茶(きちゃ)藤永 絵美子さんは本格的なお茶のお作法で、

また、お茶の知識や丁寧な説明や貴重な交流を賜り事を大変嬉しく存じます。

18名参加者の皆様の台東県に対する関心も深まったと思いますが、

私は台東県茶農ともにこの機会にご交流できた事を大変な意義であるものと、

心より感謝致しております。

今後とも伊賀市/台東縣との緊密な文化連携及び産業発展に尽力すると所存です。